乳酸菌の種類や効果

スポンサードリンク

乳酸菌の免疫力

免疫とは、自分とそれ以外の有害なものを認識して、後者だけをやっつけるための自己防御システムです。その仕事をしている器官が腸管のすぐそばにあります。

食べものにくっついてくるなどして腸管に入ってきた病原性のバクテリアやウイルスが、腸表面のパイエル板という穴のような場所にぶつかると、殺し屋の樹状細胞がそれをすぐに八つ裂きにしつつ、伝令系のヘルパーT細胞が、抗体をつくるB細胞に悪いやつの特徴をサイトカインという伝令物質で伝えます。作られた抗体は血流や腸管の中に放出され、また同じ悪いやつが来たら対応できる準備をします。

すごい連携プレーですが、このシステムが暴走してしまうのが、自己免疫疾患とされています。免疫細胞が自分の細胞を食い殺し始めたりしてしまうのです。

腸内の善玉菌は、このパイエル板に引っ掛かることで免疫システムを刺激してうまく働くようにしてくれることが知られていましたが、最近では、免疫反応が暴走したときには反対にブレーキをかける役もしているのではないかという報告が出てきました。
研究が進むほど、人間のからだと腸内フローラの持ちつ持たれつの関係が浮き上がってきているのです。

花粉症・アトピー性皮膚炎・食物アレルギーなど
異物を見つけてそれを除外してくれる大切な免疫システム。けれども、それが消化管に入ってくる食べ物や花粉など肌にくっついたものにもいちいち反応してしまうのがやっかいな各種のアレルギー症状です。

食べもののアレルギーの場合、ひとつには腸内フローラが荒れて腸壁の粘液がはがれるような状態になっていると、食べたものが完全に消化されないうちに体内に入ってしまって引き起こされるというのが有力です。

このとき、普通は人間の腸にいるある種のバクテリアがいないという観察報告があったり、普通とは違う菌種バランスになっているという報告があったり、何らかのバクテリアのあり方が関係しているらしいというところまでわかってきています。

また、腸内フローラは食物繊維などを分解して作り出す短鎖脂肪酸が血中に多いとぜんそく症状が抑えられるという傾向も報告されています。そして胃がんを引き起こすとして悪名高いピロリ菌というのがいますが、どうやらこのバクテリアを持っている人はアトピーやぜんそくになりにくい傾向があるようだという驚きの説まで出てきています。

これはバクテリアによる免疫システムのブレーキ機能のようです。どのバクテリアが善玉・悪玉とは一概に言い切れないのが腸内フローラのようです。

風邪・インフルエンザなどの感染症
腸内フローラのあり方が免疫システムに関係しているということは、もちろん細菌やウイルスに感染して起こる風邪やインフルエンザ、急性の下痢などさまざまな感染症を防ぐ上でも、バクテリアたちが活躍してくれています。

まず第一に、腸内フローラがいい状態になっていれば、腸の表面などはぎっしりフローラで覆われていて、ふらっと口から入ってきた病原菌やウイルスは取り付く島もないという状態になっているはずです。

また、クロストリジウムという菌のある仲間が多いと、やはり腸の表面を覆ってバリアしているムチンという粘液を分泌する細胞すら増えるらしいこともわかってきました。粘液が多ければ、悪い細菌が腸壁に食らいつきにくくすることができます。

発展途上国に旅行すると下痢をする人が多いのは、そこにいる菌に免疫がないのもあるでしょうが、清潔過ぎる環境や社会全体が抗生物質の使いすぎでフローラが弱っていたりするせいもあるのかもしれません。

それでも時には抗生物質を使わないといけない時もあります。そんなときは、ぜひヨーグルトの摂取を増やしてみてください。抗生物質の影響で起こりがちな腹痛や下痢を軽減したり、服用を辞めた後でのフローラの回復が早くなることが期待できます。

さまざまな自己免疫疾患
多発性硬化症、橋本甲状腺炎、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、1型糖尿病など、いわゆる難病指定されているものも多いやっかいな自己免疫疾患。潰瘍性大腸炎も免疫が関係している可能性が指摘されています。

これはその名の通り、免疫システムが自己を攻撃することによるもので、からだのさまざまな場所で炎症が起き、組織が壊されてしまいます。自分の免疫が犯人なので、根本的な治療が難しいのが悩ましいところです。
自己免疫疾患でも、腸内フローラの研究が治療に道を開くのではないかと期待されています。

たとえば、神経索を覆う鞘を免疫細胞が壊してしまうことで起きる多発性硬化症は日本で増加していますが、日本人の食事が西洋型になって腸内フローラが変わってきていることと関係があるのではないかと考えられています。
免疫反応が暴走したときにブレーキをかける仕組みが弱くなっているのではないかというのです。

潰瘍性大腸炎も、きっかけは腸内フローラの劣化で粘液がはげたところに細菌が感染して起きるけれど、免疫系がはりきりすぎて病原菌だけでなく腸の組織まで食い殺し続けてしまうから起きているのではないかという説も。
両刃の剣的な免疫システム。使いこなすのに時には敵になるバクテリアの力が必要とは、不思議な話です。

病原性の細菌やウイルスが腸壁に近づけないよう善玉菌も協力しています。
腸内のバクテリアたちのバランスやその有無がアレルギー発症のカギということがわかってきました。また腸名フローラがいい状態であれば、悪い病原菌やウイルスのからだにとりつくチャンスが減ります。

喉が痛い、鼻水が、熱が出てきた…風邪の第一症状があらわれたとき、すぐに市販の「風邪薬」や「感冒薬」に手を出してしまったり、お医者さんに言って抗生物質(抗菌薬)をねだったりしていませんか?

もしかすると、それは腸内フローラを守るという観点ではあまり良くないことかもしれません。

 

まず風邪の多くはウイルスの感染で起きるので、抗生物質を飲んでも風邪の原因ウイルスには直接は効きません。むしろ抗生物質は風邪菌ばかりか腸内の乳酸菌も無差別に殺菌してしまうので、腸内フローラがボロボロになってしまう可能性があります。むしろ体力が落ちてしまうかもしれません。

 

また、市販の風邪薬や熱冷まし(NSAIDs)に含まれているロキソニン、イブプロフェンなどは、消化管の壁を保護している粘液を弱くするなどして、腸などが炎症を起こしてしまうことが指摘されています。頭痛などで飲む鎮痛剤も要注意です。

 

もちろん薬が必要なときもありますが、安易に薬を口にしたりお医者さんに走る前に、そもそも腸内フローラをしっかり鍛えて、風邪を引かないようにしましょう。薬を飲んだら腸内フローラが元に戻るような食習慣を心がけましょう。

 

せっかく痩せても腸内フローラがボロボロに

痩せるためのダイエットとして「低糖質ダイエット」、健康法として「低グルテンダイエット」などが流行していますが、原則として「○○抜きダイエット」や、「~だけ食べるダイエット」の類は、腸内に届くバクテリアたちの食べものが偏ってしまうため、腸内フローラのためには要注意です。

 

とくに低糖質ダイエットは厳格にやるとパンやごはんやお菓子はもちろん、豆やイモ類、根菜や一部の葉物野菜まで避けるので、腸に届く食物繊維やオリゴ糖などの多糖類も極端に減ってしまう事が予想されます。

これはつまり腸内フローラが食物繊維などを食べて(分解して)人間に提供してくれる栄養や、からだの中の炎症を抑える物質も減ってしまうと言うことです。

 

体重は減っても、免疫力が落ちたり、肌が荒れたり、アレルギー症状が悪化する可能性すらあるかもしれません。

もちろん精製度の高い炭水化物である白いパンや白いご飯、砂糖などを控える程度ならむしろ腸の健康にもよさそうでよいのですが、一般的には多くの食品をバラエティよくとることがおすすめです。

 

赤ちゃんと子どもの時期が大切

おなかの中の赤ちゃんは無菌状態。生まれてすぐにお母さんや家族から、そして身の回りのもの、食べもの、ペット動物、公園の土、保育園の友だちから…どんどんバクテリアを拾って腸内フローラが作られてきます。

 

最近の定説では、この人生のごく始めの時期、とくに3歳くらいまでにたくさんの種類のバクテリアを取り込めるとバラエティ豊かな腸内フローラになり、一生の健康のためになると言われています。

 

不思議なことに、いったん大人になってしまうと、もう後からいくらヨーグルトなどを食べても、新しいバクテリアはなかなか定着しにくいようです。

 

また、この時期に一部の抗生物質を使うとその後に子どもの肥満になるリスクが上がったり、喘息やアレルギーを起こす可能性が上がるという研究発表もあります。

原因はまだ解明中ですが、その抗生物質によってバクテリアの一部が死んでしまったりし、腸内フローラのバランスが崩れるからではないかと考えられています。

 

きれい好き、潔癖症はマイナス?

キッチンや衣類の洗剤から文房具まで抗菌・除菌の文字が躍る昨今、一時は大ブームにもなりました。でも、子どもが腸内フローラを充実させるということを考えたら、身の回りを除菌しすぎるのは考えものです。

 

実は、口や喉に入る菌をなくそうとするのではなく、もうすでにそこに棲みついているフローラを豊かにして病気や感染症を起こす菌を寄せ付けないようにする方が理にかなっているのです。

 

よく、同じ食事をしたのにひとりはお腹を壊し、ひとりは何ともなかったという話を聞きます。これはもしかすると、なんともなかった人は腸内のフローラがいい状態になっていて、免疫機構が的確に働いていたのかもしれません。

 

手を殺菌するジェルなども、使いすぎには気をつけてください。たしかに皮膚上の細菌の多くを殺せるけれど、腸内フローラと同様に皮膚に棲んでいる良いバクテリアたちも一網打尽にしてしまうため、悪い細菌に留守の家に忍び込むように付け入る隙を与えることにもなりかねないのです。

風邪など引かないよう腸内フローラを豊かにして免疫機能を高めましょう。

3歳くらいまでの間に、腸内フローラの顔ぶれが決まってしまいます。

腸内フローラのためには、さまざまな食品をバラエティよくとるのが吉です。

菌を殺すよりも、腸内フローラを鍛えて菌をはねのけるほうがいい。

 

乳酸菌 種類

 

いま腸内フローラが注目されています

病気になる前の未病の段階でからだをケアすることが大事だということに、今、誰もが気づき始めています。そんな中、がんや糖尿病、うつや潰瘍性大腸症候群、肥満や風邪にまで関係するといわれている「腸内フローラ」に熱い視線が集まっています。

 

きっかけは「NHKスペシャル」の腸内フローラ特集だったかもしれません。急にブームになったように思えますが、実は日本での研究の歴史は長く、1950年代から東京大学の光岡知足教授たちが腸内細菌の分類研究学を進めていました。その後遺伝子の解析が進み、研究でも大規模な実験が可能となる中、2006年くらいから医学界で大きな発見が相次いでいるのです。

 

そもそも腸は6メートルもの長さがある臓器であり、広げると面積はテニスコート一面分にもなります。さらに、腸のことを学ぶとなると、便のこともついてまわります。心臓や肝臓のようなスター性はありませんが、免疫を司っているしくみや、腸内細菌の遺伝子解析、さらには腸内細菌が作り出す物質のことがわかってきて、今や毎日のように新しい論文が発表されるほど、医学会で熱いトピックになっています。

 

誰しも自分自身のこととして興味がある健康法やダイエットですが、テレビや雑誌で1年のうちにも様々な方法が紹介され、あっという間に流行になります。しかし、医学的な裏付けに欠けるものや、長い期間での「健康」という視点に欠けるものが多いのも事実です。実際にその方法で健康になった・痩せたとしても、10年後の健康を損なうようでは、あまり良い方法ではありませんよね。

 

「腸内フローラ」はそういった危ういブームではありません。検証や実験を伴う、医学の最先端であること、病気を予防する方法であること、長い目で診た健康につながっていることがポイントです。

 

お腹のなかの細菌数はからだの細胞の倍数

あなたのからだはあなたであってあなたではない、というとまるで禅問答のようですが、本当です。

私たちのからだはおよそ37兆個の細胞でできていると言われていますが、私たちのお腹のなかにはその3倍近い100兆ものバクテリア(細菌)が棲んでいるのです。その重さは1~1.5kgグラムにもなります。

 

そのバクテリア達の種類は数百種類以上に及びます。そこでこの腸内のバクテリア達のまとまりは、その様子をいろいろな草花が咲きほこっている自然のお花畑に例え「腸内フローラ(花畑)」と呼ばれています。

 

この大勢のバクテリア達は、私たちに寄生したり勝手にタダ乗りしているわけではありません。むしろ、私たちの健康のために大切な働きをしてくれている大事な仲間なのです。

宿主であるヒトが食べたものを分解して栄養として吸収しやすくしてくれたり、最近の研究では、なんと、からだの中の炎症を抑える物質も作っているらしいということもわかりました。

 

私たちの体の不調やさまざまな病気と、腸内フローラの状態に大きな関係性がある、つまり腸内フローラを意識してケアしてあげることが、不調の改善にもつながるのです。

 

腸が喜ぶ乳酸菌

なんとなく体に良さそう、という印象で毎日ヨーグルトを食べている人も多いでしょう。せっかく食べるなら、目的に合わせて選びたいものです。乳酸菌やビフィズス菌の種類によって、体の中での機能が異なることがわかってきたからです。

 

乳酸菌の中には免疫細胞の1つ、NK(ナチュラルキラー)細胞の働きを良くする免疫調整機能があるものや、炎症を促す物質を抑えるものがあります。腸内フローラのバランスを変えてストレスやアレルギー症状を軽減したり、肌状態を改善したりすることもわかってきました。

 

ただし、1度食べたくらいでは腸内フローラは変わりません。まずは同じものを、1週間程度食べ続けてみましょう。効果が期待できる量の菌を取るには賞味期限内に食べることが大切です。

 

・植物由来と動物由来の乳酸菌の違いは

乳酸をつくる働きは同じですが、動物由来は主に、ヨーグルトなどの発酵乳から採取されたものです。植物由来の乳酸菌と呼ばれるものは、漬物や植物表面などから採取されたもので、比較的酸や塩、酸素のある環境に強いという特徴があります。

 

・ビフィズス菌と乳酸菌の違いは

どちらも乳酸菌を作って腸を元気に保ちますが、ビフィズス菌は腸管細胞の栄養になる酢酸も生成します。ビフィズス菌は酸素のない大腸で活発に働きます。比較的酸素に強い乳酸菌の中には、大腸だけでなく小腸や胃で活動するものもあります。

 

わたしたちの中には、1.5kgもの細菌がいて、からだに影響を与えています。

健康になるという目的で選ぶとしても、乳酸菌の種類によって酸に強い、弱いという違いや、人によって合う、合わないがあります。食べてみて調子の良しあしを感じ取って、良ければ続けると良いでしょう。

 

乳酸菌 発酵

 

腸内フローラのために食事をする

腸内フローラのバクテリア達も、ひとつひとつは目に見えないほど小さいながら生き物です。私たちと同じように、食べ物を食べて代謝して生き、不要なものを排泄しています。

そして腸内フローラのバクテリア達はもちろん腸内に棲んでいるので、私たち宿主が食べるものの一部を栄養にしています。とくに食物繊維やいろいろな糖類が好物のようです。

 

これまでも、健康のためには食物繊維をとることが大切というのは言われてきていましたが、それは単にお通じをよくしたり腸をきれいにしてくれるということだったと思います。実は、食物繊維をたっぷりとると腸内のバクテリアたちが元気になるから体調がよくなるということだったのです。

 

また、人間など食物繊維の消化が苦手な動物も、腸内のバクテリアが食べて分解してくれた代謝物なら栄養分として、吸収・利用できます。まさにバクテリアさまさまです。今日は何を食べようと?というとき、腸内フローラたちが喜ぶものを食べることを心がけたいものです。

 

おいしいだけじゃないからだによい発酵食品

味噌、しょうゆ、納豆、ぬか漬けや高菜漬け、キムチにザーサイ、ヨーグルトにチーズにザワークラウトなどなど、世界中それぞれの土地で昔から楽しまれてきた発酵食品。これも腸内フローラのためになる、積極的に取りたい食品です

 

発酵食品とは、麹菌やカビ、納豆菌、乳酸菌などのちからを利用して、食材に含まれる成分を変化させて風味やうまみを楽しむものです。より正確に言えば、それらの微生物に食材の成分を食べて分解してもらって生まれる成分を人間が味わうものです。その食品には微生物自体もたくさん含まれます。

 

実は、この微生物が作りだしてくれた成分や微生物それ自体が、腸内フローラが好むエサになります。もっとも、ヨーグルトやぬか漬けに含まれる乳酸菌などはそのほとんどが胃酸で死んでしまいますが、死んだ菌のからだがフローラたちの食べものになったり、それが小腸などにある免疫システムのスイッチを刺激することで、アレルギーの症状が軽快するなど、さまざまな良い影響があると考えられているのです。

 

毎日の食事を大切にして「腸活」しよう

腸内フローラのメンバーを食物繊維や発酵食品でおもてなしするためには、やはり毎日の食事をきちんとすることが不可欠です。

研究によると、食事の内容を変えると、早ければ数日~1週間ほどでほんの少し腸内フローラのメンバーが変わるようですが、メンバーをガラリと変えるにはより長期的な食習慣の改善が必要なのだそうです。腸を元気にする「腸活」、取り組み甲斐がありますね。

 

そこで日本で育って和食に親しんでいる人に朗報です。伝統的な和食は腸活にぴったりなのです。季節の野菜をたっぷり入れたお味噌汁、納豆、根菜の煮付けにぬか漬けやしば漬け、野沢菜漬けなどのお漬物、ごはんを玄米にしたり、麦ごはんにするとさらによいでしょう。

 

外食や加工食品は、それ自体が悪いわけではありませんが、一口目からおいしいと感じるキャッチーな味にするために、食物繊維が少なく、精製度の高い炭水化物や糖分、油脂分が多い食品が多い傾向があります。

外食が続くと、人間はたっぷりカロリーをとっている割に、バクテリアたちはお腹をすかせて弱っているかもしれないのです。

 

食品パッケージ裏の「原材料欄」を読めるようになろう

お漬物から切り身魚の西京漬け、マヨネーズ、カロリーオフドリンクまで、毎日のようにお世話になる加工食品たち。

 

パッケージを手にとったら、裏面の「原材料」欄と「栄養成分表示」欄をチェックすることを習慣にしましょう。慣れないうちはとっつきにくく見えますが、腸内フローラをハッピーに保つためにとても便利です。

 

原材料は使われている重量順に記載されていますが、とくに注目すべきは、後半に登場してくる食品添加物です。

腸内フローラと添加物との関係の解明はまだまだこれからですが、サッカリンやアスパルテームといった人工甘味料、とろみのある食品やソースに使われる乳化剤の一部には、マウスでの実験ですが、肥満や糖尿病、腸の炎症などに関係がありそうという報告が出てきています。

 

栄養成分表にはズバリ食物繊維の量が出ていますし、一見バクテリアのごちそうになりそうなものでも、砂糖が多かったり、漬けもの風味で本物の発酵食品でないことはこれらの欄でわかることもあります。

 

腸内フローラたちは、とくに食物繊維やさまざまな糖類が大好物です。微生物が作ってくれた成分や微生物それ自体が腸内フローラのエサになります。

野菜や食物繊維の多い食材を使う和食は腸活にぴったりです。原材料欄に書かれている食品添加物、栄養成分表の食物繊維の量やカロリー、砂糖の量に注目です。

乳酸菌の働き

 

「もうひとつの臓器」とも呼ばれる腸内フローラは小宇宙

目に見えないほど小さいとはいえ100~500種類のバクテリアが100兆個、重さにして合計1~1.5kgも棲んでいるのが私たちの消化器官です。

このバクテリア達の様子は「フローラ(花畑)」と例えられていますが、ジャングルの生き物たちのようでもあります。食うや食われるかの食物連鎖の関係にあったり、仲の良い同士・食べ物を奪い合うなど競争し合いながら、とても濃密なひとつの生態系、小宇宙を作っています。

 

からだの構造が単純な原性動物、魚から哺乳類まで、ほとんどの生き物はフローラを持っていることから、私たち人間もバクテリア達と一緒に長い時間をかけて進化してきたと考えられています。

 

この腸内フローラを形成しているバクテリア達は、宿主である人間や動物が自力では消化できないものを消化して栄養として吸収できるようにしてくれたり、ビタミンを作ってくれたり、たちの悪い悪玉菌がやってきても、腸の中にいるうちにやっつけてくれたり、からだの免疫作用を応援してくれたりします。

 

つまり、医学や栄養学の考え方はいま大きく変わりつつあるのです。人間はひとりで生きているのではなく、微生物と共生している複雑な生態系の一部だという考え方です。

ということは、私たちが暴飲暴食をしたりして腸内フローラが弱ってしまうと、さまざまな不調や病気に悩まされるということでもあります。なんと精神的な不調や脳の病気でさえも、バクテリアが弱っているから起きるらしいということが明らかになってきているのです。

 

一方で、私たち人間の体も、棲んでほしいバクテリアを選び、彼らが過ごしやすいようにひいきしているらしいこともかってきました。この体の好みは遺伝に左右されるようです。

 

こういったことから、腸管の中に暮らす腸内フローラのことを「もうひとつの臓器」とまで呼ぶ研究者や医師もあらわれてきています。それだけ大切で、臓器のようにケアをしてあげるべきなのです。

 

腸の中は「からだの外」だった

ごはんをモグモグと咀嚼してゴクンと飲み込みました。お腹がいい感じで膨れています。でもまだごはんはあなたのからだの中には入っていないんですよ…と言ったら意外な感じがしますか?

 

実は、口の中から肛門までつながっている消化管は皮膚の仲間で、胃や腸の中は厳密には「からだの外」なのです。食べ物は胃や腸で消化されドロドロになり、炭水化物なら糖分、タンパク質ならアミノ酸など小さな分子に分解されてはじめて、小腸などの壁を通して「体内」に取り込まれ、血流に乗って体を回り始めるのです。

 

人間の消化液では分解されない食物繊維や一部の多糖類などは腸内フローラが食べて分解し、作られた短鎖脂肪酸や糖分、ビタミンなどは人間がありがたく頂戴して体内に取り込まれ、分解しきれなかったカスや不要なものが、便となって出ていきます。

 

顔などの皮膚は、真皮の上を角質層がしっかり覆って丈夫になっていますが、腸の皮(腸管上皮)は、腸管内のドロドロから栄養を吸収しやすいように、基本的には上皮細胞が1層だけの薄い皮になっています。

 

それだけでは弱いので、その表面はムチンと呼ばれる粘液で保護されています。栄養などはこの粘液の層を通り、腸管上皮の細胞層を通って体内に入っていくのです。腸が良い状態であれば、十分に分解されていない大きな分子や悪玉菌はこの粘膜層で遮られてしまいます。

 

ここには栄養吸収の他にもうひとつ大きな役割があります。からだを外敵から守る免疫器官があるのです。

腸管のすぐ裏側(つまりから体内側)に免疫を司る仕組みがあり、腸管の中を通っていく悪い菌やウイルスなどを認識して、抗体を作ったり免疫細胞が敵を覚えたりしています。

 

実際、病原菌やがん細胞などをやっつける免疫細胞や抗体の3分の2以上は、腸付近で作られています。乳酸菌などの善玉菌はこの免疫システムを刺激して、免疫が正しく働くように助けてくれています。

 

腸内フローラは人それぞれ

腸内フローラを調べることわかってきたのが、人によって持っている菌がだいぶ異なっていることです。そしてそれはある程度までは遺伝的なもので、ある程度までは環境的なもので、かなりの部分が食べているものに左右されているらしいこともわかってきました。

 

おっぱいを飲んでいる赤ちゃんのうちは誰の腸内フローラもビフィズス菌が圧倒的に優勢で、離乳食を食べ始めると他のバクテリアが増え始め、おそらく10代後半あたりでその人のフローラタイプが安定してくると考えられています。

 

高齢者では善玉菌が減ってウェルシュ菌などの悪玉菌が増える傾向があります。一卵性双生児ではある程度フローラが似通っていることが多い一方で、夫婦など一緒に暮らしている人同士もフローラが似る傾向があるようです。

 

また、地域の食文化のせいなのでしょう。その地域の人たちに共通するフローラもあります。例えば、日本人には海草の食物繊維を分解するバクテリアを持っている人が多いのですが、人間も動物も長い時間をかけてその土地で腸内フローラとともに生きてきているのです。

 

乳酸菌やビフィズス菌を取ると、菌そのものや菌が作る代謝物質の影響で腸内フローラのバランスが変わったり、腸のバリア機能が高まるなど腸内環境が改善します。その結果、免疫機能が高まったり、臓器や肌、心にも影響を与えたりすることがわかってきました。

 

腸内は500種類にもおよぶバクテリアたちがお互いにつながっている濃密な生態系です。人間の健康もこのジャングルのおかげです。

腸内フローラの善玉菌である乳酸菌は、腸の壁を守りながら、免疫システムもサポートしています。腸内フローラは遺伝的な要素もありますが、ふだん食べているものでおおよそは決まってきます。