首のイボを治した方法

スポンサードリンク

首いぼは自分でしっかりと治すことができる!

私は生まれた頃からずっと「首いぼ」に悩まされて生きてきました。およそ1cmくらいの大きさのいぼが首に4つほどついていて、首を少し掻いたときや、ネックレスなどを付ける時などにいぼに引っかかってしまい、とても嫌な気持ちになっていました。高校生くらいの頃に、いぼのことをクラスで指摘されてしまい、ものすごく落ち込んでいた私はいぼを何とか除去したいと思い病院へ駆け込みました。
病院でお医者さんに診てもらうと、毎日いぼに対して首いぼ除去クリーム等でしっかりとケアを行うことで、自分でも首いぼを治療することは可能という話を受けました。病院から帰った私はすぐさまクリームによる治療を行いました。
なんでも首いぼの専用除去クリームには、いぼに対してしっかりと保湿を行い、代謝を活性化させ、いぼが自然と取れていくという成分が入っているらしく、安心して使用することができました。またクリーム状なので特に痛みもなく、副作用なども感じることはありませんでした。
私の場合首いぼ除去クリームを塗り始めてから約3か月程度でいぼが引いていき、半年もすると完全に首いぼを除去することに成功しました。2年以上経った今でも首いぼは再発したことはありません。
首いぼ除去クリームは痛み等なく安心して使えるクリームタイプの薬なので、今現在首いぼで悩んでいるという方に是非ともおすすめしたい治療方法です。

30代を超えて首イボ発生!

30代を超えて首のあたりにイボができてきました。ほとんど突起はなく指で触るとかすかに感じるほどで、大きさは数ミリの茶色の斑点のような状態でした。痛みもなく最初は放っていたのですが、時間が経つにつれて10個以上と数が多くなってきたので病院に行きました。医者の診断では、肥満気味の人にできる場合が多く、基本的に健康に害はないけど突起がひどくなるとレーザーなどで処置できるという事でした。あとは、汗や摩擦が多くて清潔でないためにイボができる場合もあるという事でした。医者の判断では特に処方するほどでもないという事で、そこで話は終わりました。ですが、見た目にも分かるほど数が増えていったので、市販の塗り薬で治るかどうか試してみる事にしました。イボがとれるというクリームを2000円ほどで、購入しました。保湿クリームのようないい香りのするクリームで、首にぬっても痛みやヒリヒリした感じはなく、毎日就寝前に塗っていいました。すぐに、効果は出なかったものの一か月ほどで色が段々薄くなってきたのに気づきました。現在でも、完全にイボはなくなっているわけではないんですが、症状が改善された原因一つに、以前よりも念入りに首を洗う習慣がついた事もあると思います。クリームを塗るのにできるだけ清潔な状態にするためです。今は、クリームは使っていませんが、念入りに首のあたりを洗う事でイボの悪化を防止できていると思います。実際、今体の他の部分にもイボがでてきているので、まず清潔さを保持して改善できるかどうか様子を見ているところです。

35歳の時に首にイボができて自分で治しました。

35歳の時ですが、気づかぬうちに首の下の方にイボが1つできていました。最初は大きさは1㎜くらいと小さかったのですが、いつの間にか大きくなり気づけば7㎜くらいの大きさになっていました。数は増えたりはしなかったものの正面にできていたので誰から見ても分かる状態になっており、どうにかして治したいと思っていました。
ただ皮膚科などの医療機関に通うと、場合によっては跡が残ってしまうくらいの手術をする場合もあると実際にイボを皮膚科で除去した身内に聞いたので、まずは自分で薬を塗って治してみようと思いました。当時傷や虫刺されには紫雲膏という漢方の塗り薬を愛用していたのですが、皮膚の万能薬ということを聞いていたので首のイボの部分にも塗ってみることにしました。
数日間は特に変化はなかったのですが、1週間経過したくらいから首のイボの部分が赤くなりはじめて徐々にサイズが小さくなってきました。同時に痛みも感じて化膿したようになったのでかえって悪化したのではないかと思って心配しましたが、次第に痛みもおさまりペタンコになってイボが消えました。急にイボが消えたので跡が何かしら残りそうだと思ったのですが、今見返してもここにイボができていたという痕跡は見当たらず、自宅でできる治療法で治ってよかったと思っています。
現在は同じようなイボが首にできたりはしていませんが、また同じようなイボができたら同じく紫雲膏で治そうと思っています。

首のイボの治し方について

私は今31歳なんですが、25歳ぐらいの時に首にイボが出来てしまいました。
今までそんなものが出来たことがなかったのでめちゃくちゃ焦りました。
大きさは米粒より大きいくらいの物で、1つだけでした。
出来てからしばらくして皮膚科に相談してみることにしました。
レーザー等で焼かれるのでは!?と恐れていました(笑)
しかし、実際にはそんなことはありませんでした。
私以外にもそういう患者さんは来られるみたいですが、基本的には処方されたクリームを使うようです。
あとはもうひたすらにクリームを塗り続けるだけです!
先生からの注意点はクリームを塗るとき意外は基本的にイボをいじらないことと油ものをとりすぎないことでした。
ちなみにイボにクリームを塗るときに痛みなど一切ありませんでした。
その後約二ヶ月ほどクリームを塗り続ける日々が続きます。
毎日首のイボを見ているのでわかるのですが、だんだんと小さくなっていっているのがわかりました。
私の場合はその二ヶ月ほどでイボはほぼ消えてしまいました。
それから現在に至るまでの約六年ほどは首にイボができたことはありません。
人によってイボの出来具合や、種類が違うようなのでやはり皮膚科に相談してみることが一番かと思いました。

皮膚科と食事でイボ対策

30歳から34歳にかけて一気にイボが増えました。なので35歳で皮膚科を初めて受診しました。
皮膚科ではよくある液体窒素でのイボ治療でしたが痛くて苦痛でした。跡も年齢的になかなか治りません。なので、ネットで食事やハトムギ茶が良いという情報を得たので皮膚科受診と同時進行で進めました。
病院では液体窒素の治療は受けていますが飲み薬は処方されていません。
まず、緑茶をハトムギ茶に変えて毎日朝晩一杯ずつ飲みました。
食事もヨーグルトを便秘対策に毎晩食べていたのを納豆に変更しました。
卵などのタンパク質も結構食べていたのですが一日のうち2食は野菜だけのものに変更しました。
ハトムギ茶はお腹のハリとおならが気にならなかったらもっと飲みたかったです。
一ヶ月ほど飲み物と食事を意識していましたが首のザラザラ感が減少しました。そして首にあったイボも茶色くなってきたと思ったら数個は自然になくなっていました。
夏が近づいてきたので首にも日焼け止めクリームを念入りに塗っています。
治療した箇所は清潔にして保湿のために毎晩ワセリンを塗っています。
ウイルス性のイボは触ると逆に増えてしますのでなるべく触らないように気をつけています。
まだイボは残っていますが見た目で数が減ったのがわかります。今のとこと再発はしていないようですが、再発しないように気をつけています。

首イボ治療には時間がかかる

年齢を重ねると首や胸元などにイボができ始め色素沈着もあることから、治療を検討し始める方が多いのではないかと思います。私の場合はでき始めたのは20歳くらいと早めで、かなり気にしましたしコンプレックスでもありました。アクセサリーも引っかかりますし、首元の開いた服は抵抗がありました。
元々皮膚科に通っていた事もあり、直ぐに液体窒素で焼いてもらう事にしました。イボの部分をつまみ上げ窒素をつけるのですが、慣れないうちは針を刺すようなチクチクとした痛みもあります。
イボを焼く形になりますので治療の後は、黒い点々が残る事になります。私は治療箇所が多かったので帰りには、包帯をグルグル巻きにされ帰りました。帰宅後は気になり触ってしまってましたが1週間程しますとカサブタになり、ポロポロと剥がれ落ちるようになります。そうすると突起はなくなり平坦になるのですが、薄く跡は残ってしまっていました。薄いシミの様になったり何回か通う事もあり、決して楽な治療ではありませんでした。
窒素治療をした後は再発はないのかと言われれば、再発はありますし年齢を重ね範囲も広がりました。今では現状よりは悪くならない様にと、保湿やあまり触れない様に気をつけています。

首イボができて治療した体験

私は22か、23歳くらいの時に首に違和感を感じて鏡を見ていたら首イボができていたのです。当時は大学に通っていたため私は学校に遊びに忙しい毎日を送っていました。最初はすぐに治るだろうと気にもしないで放置していたらけど治りませんでした。実家にいたお母さんに相談してみたら、家にあった薬を渡されて塗ったのですが全く効果がありませんでした。仕方がなく近くにある皮膚科の病院に行ってみると医師からは、ネックレスなどをつけたりしてるから、それが原因ではないかと言われました。それと、紫外線などを浴びすぎたらできやすくなるとも言われました。私は小学生の時からソフトテニス部に所属していたため、大学に通ってもサークルで、ソフトテニスのサークルに入ったりしていたため、外に出て、テニスばかりすることが多かったので、確かに当てはまるなあと思っていました。そして皮膚科の先生からは塗り薬をもらいました。皮膚科からもらった薬を毎日忘れないように欠かさず塗っていたら、一カ月くらいしたは首イボは無くなりました。首イボができないようにネックレスもしないで、外に出てテニスをする時にはスカーフをまいたりして工夫をしていました。以後再発はしていません。

かれこれ2年はこの作業と付き合ってます

体質らしく、二十代後半(25くらいからでき始めたといっていいと思います。確実ではないですが)には小さいですが首のイボが現れ始めていました。
大きさはおおよそ1mmとか2mm程度だったと記憶しています。(できたばかりの頃は)だんだん大きくなって最終的には4mmくらいのものが多かったです。
イボの数は、最初は4つ程度でしたが徐々に増え、バラバラの箇所ですが全部で9個くらいまで増えました。
ネットで下調べをしたので、治療は皮膚科で行いました。具体的な方法は、「液体窒素でイボを落とす方法」と「医療用のハサミで落とす方法」のどちらかから選んでくださいとの事だったので、ネットで推奨されていた(痛みが少ないことから)ハサミで落とす方法を選択しました。
治療の痛みは殆ど感じなかったですが、0という訳ではなかったです。痛みに特別弱い人ならば注意しなくてはいけないかも知れませんが、それほどでもない人ならまず心配はないレベルだと思います。
処置をしてから大体半年程度の期間はイボが完全に全くなくなった状態でした。治ったという言い方が正しいかわかりませんが、しっかり治っていました。
その後の再発はありました。処置を受けてから1年弱で同じような箇所に再発する場合が多いように思います。(私の場合ですが)
処置をして貰った皮膚科でも「これは大抵再発するのでその時はまた来てください」と言われていました。現在まで何度か皮膚科で取って貰っています。

イボコロリを使って首イボを治しました。

20歳半ばちょっと辺りから首の後ろに米粒よりもちょっと小さめな出来物というか、異物が出来てしまったんです。
この出来物について良く分からなかったので、ネットで調べてみたら首イボであることが分かりました。
ついでに親にも一応見せてみたら、この出来物は首イボだと言われました。
放っといたらもっと大きくなったり酷くなるかも分からないよというので、首イボを治せるような商品がないかと薬局屋に見に行ってきたんです。
そしたら、イボコロリという塗り薬が見つかり薬剤師さんの方にも勧められてイボコロリを購入しました。
薬剤師さんの方に勧められましたので、効果に期待できそうだなと思いながら患部に塗りすぎない程度に塗っていくようにしていたんです。
最初の一週目では何か善くなったりだとか変化がなかったのですが、2週目の後半辺りから効果を実感し首イボという物が柔らかくなってきました。
そこからもう取れそうだなという感覚がありましたので、首イボをつまめるピンセットを用いて丁寧にやってみたら綺麗に首イボが取ることが出来たんです。
綺麗に跡も残らずでしたので、すごいスッキリして良かったです。
今のところ再発していないですが、もしまた出来たらイボコロリを使うつもりでいます。

一回では取りきれず病院をはしごしました

25歳くらいの時に耳の下くらいの首にイボができました。とても小さいもので、最初はゴミかと思うくらいの大きさでした。

しかし、首は意外と気になってしまうものです。首を触ると手がイボに少し引っかかってしまい少し痛い気がしました。

また見た感じも少し出てきてしまっている気がしたので、皮膚科に行って除去してもらうことにしました。

皮膚科に相談すると、液体窒素を付けて除去するということでした。液体窒素をつけるとそこがやけどのような感じになり、かさぶたみたいなものが出来、そのうちほかっておくとそれがぽろっと取れイボが完全に除去されるということらしいのです。

そんなに簡単な治療法ならとその場ですぐにやってもらいました。
数十秒の処置で終わり痛みも何もありませんでした。

その後何日かして確かにポロっと落ちたのですが、首を見るとまだイボらしきものが残っていました。

一回では完全に除去できなかったよです。
一回では除去できないことがあるというような趣旨の説明は受けていなかった為、2回目の治療は他の病院にお願いしました。

前回と同じ治療でしたが、今回は綺麗に根元からイボが除去できた気がします。

その後首のイボの再発はありません。